CM動画はこちら
資料請求
相談の申込み
Mie Implant 中野歯科医院
0120-171-818
求人 歯科医師 歯科衛生士 歯科助手 募集

矯正治療とは?

矯正治療の必要性

口の中に矯正装置を装着し、歯に一定の力を持続的にかけ、人工的に歯を動かし、歯並びや噛み合わせを治します。見た目をよくするだけでなく、歯並びや噛み合わせが悪いためむし歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。美しい歯並びを手に入れることにより、明るさと自信の持てる笑顔ができ、心身ともに健康をもたらします。

見た目の「美しさ」は、機能の「美しさ」に支えられています。アメリカでは大学進学者のほとんどが矯正治療を受けており、一定のステイタスと見られる傾向にあります。それほど歯並びは重要視されているのです。

矯正治療の効用

歯列矯正は、見た目を美しくするだけではなく、歯並び・噛み合わせが悪く、むし歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。そのほかに、いびきや歯ぎしりが治ることがあります。

矯正治療の適正時期

◆子供の矯正の適正時期
・I期 乳歯列期 0歳〜6歳(永久歯萌出まで)
・II期 乳歯・永久歯の混合歯列期 6歳(乳歯の生え変わり)〜10歳(小学生)
・III期 永久歯列期 12歳〜成人
I期治療 筋機能療法(舌の持ち上げや、舌の正しい位置、噛む力のトレーニング)により、歯並びや噛み合わせの不正を予防する治療を行います。
舌および、お口の周りの形態的・機能的異常には年齢が上になるほど、その程度を強くするといわれているので、乳歯の頃からのアプローチが重要視されています。
★場合によってはマウスピースを用いて治療をする場合があります。
II期治療 成長に合わせて顎の骨の成長や、永久歯のはえるスペースの確保、永久歯に生え変わるための土台作りに重点をおきます。
成長に合わせた矯正治療ができるので、V期から始めた方に比べ、抜歯の確率が低くなります。
★症状によってはマウスピース、マルチブラケットの装着します。
III期治療 永久歯が全てはえそろった方が行う一般的な矯正治療です。
噛み合わせ、歯並び、見た目、機能的の改善に重点を置きます。
★マルチブラケットを装着します。

△ページTOP
名古屋,三重,愛知のひらさわ矯正歯科成人・大人の矯正歯科専門サイト
名古屋・三重・愛知の
ひらさわ矯正歯科
成人・大人の矯正歯科専門サイト


矯正歯科は名古屋の<br>
ひらさわ矯正歯科へ
矯正歯科は名古屋の
ひらさわ矯正歯科へ
HOME矯正治療とは?不正咬合の種類矯正装置の種類と方法三重・愛知の子供の矯正治療治療の流れ大人の矯正治療小児歯科について三重・愛知のひらさわ矯正歯科 医院紹介お問い合わせ提携歯科医院リンクメンバー募集
Copyright(C)2007 Hirasawa Orthodontic Clinic. All right reserverd.
当矯正歯科は愛知県海部郡は勿論のこと、愛知県名古屋市、愛知県弥富市、
三重県からは三重県桑名市、三重県四日市市、三重県津市からもご来院頂いております。