CM動画はこちら
資料請求
相談の申込み
Mie Implant 中野歯科医院
0120-171-818
求人 歯科医師 歯科衛生士 歯科助手 募集

不正咬合の種類

不正咬合とは?

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせや見た目が悪いだけではなく、上下それぞれの歯が異なった場所で噛み合い、その役割が機能しない状態です。
矯正治療の必要性」で述べたように歯が持つ噛み合わせの機能だけではなく、それに伴う身体へ悪影響、気持ちや自信への悪影響にもつながっています。

イラストで見る不正咬合

すきっ歯

正式名は空隙歯列(くうげきしれつ)。歯と歯の間が開いている状態。歯そのものの大きさが小さかったり、歯に対してあごが大きいことなどが原因で起こる。また、埋伏歯や先天欠如歯など、歯の本数が足りなくて起こる場合もある。 すきっ歯

乱ぐい歯、八重歯

正式名は叢生(そうせい)。歯がデコボコに生えたり、歯の生え方が不揃いなもの。顎が小さくなっている現代っ子に多い不正咬合。 乱ぐい歯、八重歯

出っ歯

正式名称は上顎前突(じょうがくぜんとつ)。上顎や上の前歯が前に出たり、下顎が後退している状態。あごの骨に問題がある場合と、歯だけが前に出ている場合がある。 出っ歯

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている噛み合わせ。ときには、下の前歯が上の前歯に隠れて見えないことも(正常なのは、上の前歯が下の前歯を1/3〜1/4くらい覆っている状態)。 過蓋咬合(かがいこうごう)

開咬(かいこう)

おもに奥歯をしっかりかんだ時に前歯が噛み合わず、上下の前歯の間が開いている状態。口の中が乾きやすく、むし歯や歯周病、顎関節症になりやすい。 開咬(かいこう)

受け口

正式名は反対咬合(はんたいこうごう)、下顎前突(かがくぜんとつ)。噛み合わせた時に下の歯が上の歯より前側にある歯並びのこと。上の歯のかぶさりがないので、下の歯の先端から根元まですべて見える。 受け口

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の奥歯が横にずれて、反対に組み合わさっている噛み合わせ。正中線(上下の歯の真ん中のライン)がずれている場合が多い。 交叉咬合(こうさこうごう)

△ページTOP
名古屋,三重,愛知のひらさわ矯正歯科成人・大人の矯正歯科専門サイト
名古屋・三重・愛知の
ひらさわ矯正歯科
成人・大人の矯正歯科専門サイト


矯正歯科は名古屋の<br>
ひらさわ矯正歯科へ
矯正歯科は名古屋の
ひらさわ矯正歯科へ
HOME矯正治療とは?不正咬合の種類矯正装置の種類と方法三重・愛知の子供の矯正治療治療の流れ大人の矯正治療小児歯科について三重・愛知のひらさわ矯正歯科 医院紹介お問い合わせ提携歯科医院リンクメンバー募集
Copyright(C)2007 Hirasawa Orthodontic Clinic. All right reserverd.
当矯正歯科は愛知県海部郡は勿論のこと、愛知県名古屋市、愛知県弥富市、
三重県からは三重県桑名市、三重県四日市市、三重県津市からもご来院頂いております。